良い音シリーズ 2T-G TE27レビン/トレノ


現代においてカローラレビン、スプリンタートレノと聞けば、
即座にAE86型を思い浮かべる人が殆どではないでしょうか。
それもそのはずで、レビントレノシリーズは2000年を最後に途絶えてしまっており、
普段レビンやトレノのCMを目にすることはありません、
聞く機会は人気漫画頭文字Dくらいになってくるとあれば、
自然とレビントレノ=AE86と結びつくでしょう。
食玩でカローラレビンと書いてあっても、大体はAE86です。

今回ご紹介するのは、
AE86の先祖、初代レビントレノTE27の動画です。
搭載するエンジンは「2T-G
AE86以降の4A-Gと同じく、YAMAHAのかなり有名なエンジンです。
4A-Gに変わるまでは2T-G系のエンジンがレビントレノのエンジンでした。
よってエンジンも2T-Gが4A-Gの先祖に当たるでしょう。

この黒ヘッドのデザインはすごく渋くてカッコイイ。個人的にかなり好きです。

この2T-Gエンジン、
最大出力は110ps/6,000rpm 
今となっては平凡かもしれませんが、
昨日のS800は70psでした。もちろん排気量が違っておりますが、
当時100馬力以下の80馬力程度が主流だった時代ですから、
なかなかハイパワーで、スポーティー。このあたりがカローラのスポーツグレードである、
レビントレノたるゆえんでしょう。

そしてタイトルの通り…
このエンジンはかなり良い音です。
騒音規制が緩かった時代背景もあるのでしょうけど
昔のキャブレター車は大体良い音です。
今のインジェクション車と大きく違うのは、ガバッと開いてシュイーンと吸気する音でしょうか。
下の動画はTE27レビンで峠をドライブされている動画です。
速度はそんなに出ておりませんが、かなり高回転まで回していて聞いていて気持ちが良く、おすすめです。

よければツイートしてシェアしてください!→