旧車・スポーツカー紹介

某チューナー風CMと共にスープラRZのマイナーチェンジ発表!

トヨタ・BMWの共同開発スポーツカー「GRスープラ」について、

直列6気筒ターボを搭載する最上位モデルRZのマイナーチェンジが発表されました。(アメリカ)

日本国内で販売され始めたのが2019年の後半期だったので、かなり早いマイナーチェンジであるという印象です。


引用元:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/31587374.html (トヨタ)

マイナーチェンジの内容

・最高出力 340PS/5000rpm ⇒ 387PS/5800rpm (14%UP) ※北米仕様ベース

・フロント部にブレースを追加し、ボディ剛性の強化

・サスペンションを再チューニングすることでコーナリング中の安定性を向上

日本での発売は2020年秋以降を予定しているとのこと。

さらに詳しく

最大トルクを従来型365lb.ft.(ポンド フィート)/1,600-4,500rpmから368lb.ft./1,800-5,000rpmとしています。加速性能は、時速0-60Mileにおいて3.9秒(従来型比-0.2秒)とパワフルな走りに磨きをかけました。

※ポンドフィートをkgmに直すと、50.4kgm⇒50.8kgmの強化です。

引用元:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/31587374.html (トヨタ)

限定カラー登場

  • 特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”限定100台

    取扱い販売店にて4月28日(火)より受付開始し、成約順に100台販売。

参考:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/supra/horizonblue/ (トヨタ)

この鮮やかな青に近い色は既存色にはありませんでした。

なのでこのブルーをみたら確実に最上級グレードRZだと判別できるわけで…

グレードを気にする人にはもってこいですね。

 

CMはスモーキー永田氏リスペクト?

上で紹介したホライゾンブルーのGRスープラのプロモーションビデオ、

タイヤを空転させて白煙をあげているシーンが登場します。

この光景、どこかでみたような? と車好きの間で話題に。

↓のシーン

スープラといえば永田氏。あの発進の仕方も永田氏の代名詞。

関係があるのか?ないのか?

 

まとめ

街で1,2回やっとGRスープラを見たかどうかという近頃ですが、

発売から1年たたずしてさっそくRZがマイナーチェンジということで、

個人的には、ロードスターRFの大幅パワーアップも踏まえて、

やっぱり初期型は買わないほうが良いなと…笑

(ロードスターRFなんて最高出力は158PS⇒184PSで、特に回転限界も6800rpmから7500rpmまで伸びたとなっちゃシャレになりませんよね)

また、SZもSZ-Rも十分良いとは言いつつも、

やっぱりRZなんだなという思いです。

でもMTモデルが出るかなーと思ってましたが、出なかったので、

やはり運転を楽しむための車は86であるという立場なんだなと、感じますね。

 

-旧車・スポーツカー紹介
-, ,

Copyright© MR2と何処までも , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.