旧車・スポーツカー紹介

日産180SXは約10年にわたり生産されていたロングセラーだった!

投稿日:2019年6月29日 更新日:

先週の休日は妙に道で180SXを見かける日でした。

FRの走り屋車として知られる180SXなので、

もう綺麗なのは絶滅したかと思っていたんですが、

見かけた車は比較的キレイな車でした。

気になってカーセンサーを調べてみたら、

180SX(カーセンサー)

平均価格:128.3万円
価格帯:58万円~320 万円

出てくるのは殆ど改造車で、この値段。なかなか高い。

見た限り綺麗なのは殆どない。

そして、タイプSやらRやXやらたくさんあり、どれがどうなのか分かりにくいのでまとめました。

スペック

スペック

180SX タイプX (RPS13,最後期仕様)
全長全幅全高:4520x1695x1290
エンジン:SR20DET 1998cc
最高出力:205PS/6000rpm
最大トルク:28kgm/4000rpm
駆動レイアウト:FR
車両重量:1220kg

上のスペックは最終型の最も高級グレード「X」の数値です。

2000ccのエンジンが搭載されておりますが、

180SXという名前はそのままです。

 

180SXは1989年から1998年までと、販売期間が非常に長いため、

グレードの見直しが何度か行われております。

まずは前期型からご紹介します。

 

前期型

スペック

180SX タイプII前期 (RS13)
全長全幅全高:4540x1690x1290
エンジン:CA18DET 1809cc
最高出力:175PS/6400rpm
最大トルク:23kgm/4000rpm
駆動レイアウト:FR
車両重量:1170kg

前期型は180SXとして多分多くの人がイメージされるデザイン(顔)とちょっと違ってます。

機械的には、エンジンがCA18DETという1.8Lエンジンが搭載されてます。

同時期のS13シルビアK'sと同じエンジンです。

グレードはタイプⅠタイプⅡ

イメージ的にはターボかそうでないか、と思うところですが、

実際はどちらもターボ付き。違いはタイプⅠは競技車両向けの仕様であり、

オーディオレス、パワーウィンドウレスという違いです。

 

中期型

1991年にマイナーチェンジされ、

この時にエンジンが2.0LのSR20DETエンジンに変更されました。

上記のとおり、最高出力が205PSまで向上し、

フロントのデザインも変更されてます。

4WS機構、マルチリンクサスが搭載された「HICAS(ハイキャス)」というモデルが登場しますが、

中期型の前半は前期型と同じ、タイプⅠ、Ⅱというグレード、

それに加えてオートエアコンやスポイラーが付いた高級モデルのグレードⅢが登場しています。

 

しかし、1994年から、グレード内容が変更され、

「タイプR」 と 「タイプX」 になります。

タイプRと言っても、走りに特化しているわけではなく、標準モデルです。

タイプXがオートエアコン等を搭載した高級グレードというわけです。

ちなみに姉妹車であるS13シルビアは1993年に終了し、S14にモデルチェンジしたのですが、

180SXはそのまま生産が継続されました。

 

後期型

1996年に最後のマイナーチェンジが行われた結果、

デザインがやや変更され、リアランプも4灯式になるなど、スポーティーな雰囲気になってます。

大きな進歩は無いですが、変化としては、ここでやっとNAモデルが追加されたことでしょう。

スペック

180SX タイプS (RPS13) NAモデル
全長全幅全高:4540x1690x1290
エンジン:SR20DE 1998cc
最高出力:140PS/6400rpm
最大トルク:18.2kgm/4800rpm
駆動レイアウト:FR
車両重量:1200kg

「タイプS」というグレードと、

1997年から登場する「タイプG」がNAモデルです。

最高出力が140PSということでターボの205PSと比べてかなり下がりますねぇ・・・

SR20DEというエンジンは当時日産の、いわゆる普通の大衆車にも搭載されていたエンジン。

セレナとか、ブルーバードとかにも載っていたエンジンです。

AE92やロードスターと似たような馬力とは言え、

あれらのような軽い車と比べると…

タイプSの180SXは1200kgというそれほど軽いわけでもない仕様ですから、

スポーツカーとして140PSというのはちょっと物足りなさそうです。

この頃になると生産ラインには載らず、

ほぼハンドメイド状態で作られていたそう

240SX

北米向け仕様は240SX(ツーフォーティーエスエックス)という車でした。

その名前のとおり、2400ccのエンジンが搭載されております。

 

グレードまとめ

結局のところ、NAモデルなのはタイプSとGのみです。
中古車を探していて、妙に安い時はNAかどうか見ておきましょう。

年式 グレード
前期(1989-1991) タイプⅠ…競技車両仕様(CA18DEターボ)

タイプⅡ…通常仕様(CA18DEターボ)

中前期(1991-1994) タイプⅠ…競技車両仕様(SR20DEターボ)

タイプⅡ…通常仕様(SR20DEターボ)

タイプⅢ…豪華仕様(SR20DEターボ)オートエアコン等

中後期(1994-1996) タイプR…通常仕様(SR20DEターボ)

タイプX…豪華仕様(SR20DEターボ)オートエアコン等

後期(1996-1998) タイプR…通常仕様(SR20DEターボ)

タイプX…豪華仕様(SR20DEターボ)オートエアコン等

タイプS…NA仕様(SR20DE)NA版。

タイプG…NA仕様(SR20DE)廉価NA版。エアロ無し。1997年より。

S13や180SXはガチガチのスポーツカーではなかったので、

普通のファミリーカー的に乗っている人も当時居たイメージがあります。

生産年数が長いので、普通ならタマ数を期待できるのですが、

この車の場合、スポーツ走行車両として人気が高すぎたので、

今から探すのは大変そうです。

-旧車・スポーツカー紹介
-, ,

Copyright© クルマニアックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.