旧車・スポーツカー紹介

トヨタ86の限定車「ブラックリミテッド」と過去のブラックリミテッド達

画像:TOYOTA GAZOO RACING

3月12日にトヨタ自動車より、

86の限定モデルとして「GT BLACK LIMITED ブラックリミテッド」が発表された。

公式サイトTOYOTA GAZOO RACINGによれば、注文の受け付け期間は3月12日から同年4月16日までとし、

5月21日に発売するようである。

 

GT BLACK LIMITEDの仕様

外装はブラックとブロンズ(ホイール)の組み合わせを強調している。

内装もブラックで統一されており、

特に助手席前のインストルメントパネルにおいて、

「BLACK LIMITED」と刺繍が施されている。

これがいわゆるハチロク(AE86)「スプリンター トレノ」の限定車「GT APEX BLACK LIMITED」を強く意識したものである事は、

公式ページにおいても記載されている通りである。

 

GT BLACK LIMITEDという名の通り、

走りに関わる基本ベースはGTグレードである。

今回のブラックリミテッドの販売台数は、MT車とAT車が43台ずつの計86

ハチロクのブラックリミテッドが400台販売されたことと比較すれば桁違いに少ない。

こんなところにも86という数字を使ってくる徹底ぶりには驚きである。

 

AE86ブラックリミテッドはトレノだけ

 

ハチロクのブラックリミテッドはトレノしか発売されなかったのだが、

当時はAE86といえばレビンが主流であり、

さらに、3ドアは2ドア仕様に比べて剛性に劣ることもあり、

トレノの3ドアハッチバックモデルは最も不人気モデルだった。

よって、400台の特別仕様車は、

トレノの売れ残りも背景にあったとかいう噂も・・・(不明)

今となってはAE86のトレノは中古市場において異常な高値になっており、

中でもブラックリミテッドの希少価値は大変に高い。

86台の特に43台のMT車ブラックリミテッドは、

これから先、とんでもない価値が付くかもしれない。

 

そして、ブラックリミテッドが登場したということは、

モデル末期という意味かと考えるのが普通である。

次期86が登場するのか、途絶えるのか…注目である。

その他のブラックリミテッド車両

ちなみに、ブラックリミテッドと言えば、

AE86だけでなく、AW11初代MR2にも限定200台で存在している。

こちらのサイト(AW11 A little information様)で紹介されております。

ちなみに、A70スープラにもブラックの特別仕様車が存在し、

1988年1月に200台が限定発売された。

残念ながら動画等見当たらず。

 

そもそもトヨタは1977年に、

セリカの生産100万台達成記念とした限定仕様でブラックセリカを販売し、

コロナ20周年記念車としてブラックコロナ

カローラレビンにもブラックレビンを設定しており、

とにかくブラック仕様を以前から多用していた。

 

 

そして、トヨタのみならず、日産のノートにも、

NISMO Black Limitedが存在するのだ。

画像:日産 NOTE NISMO Black Limited

ノートについては外装が真っ黒ではないからよくわからないが、

黒の限定車というのはよくある仕様だということで、

AE86だけが珍しかったわけでは無いようである。

 

-旧車・スポーツカー紹介
-, , , ,

Copyright© MR2と何処までも , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.