雑記・小ネタ

新型スープラ、やっと発表される

投稿日:2019年1月15日 更新日:

現地時間1月14日、デトロイトにて開催された「2019年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)」において、
新型スープラが公開されたようです。

引用元:トヨタ、新型「スープラ」(日本仕様)詳細。直6エンジンは340PS/500Nm、直4エンジンは258PS/400Nmと197PS/320Nm (CarWatch)

先日のリーク画像と全然変わらない風貌。あのリーク画像はガチだったのね…と思うところである。
ここ最近はS2000が復活するだの、カプチーノが復活するだの、シルビアが復活するだの、
なにかと復活説が沸いていたが、結局あまり動きが伝わって来てませんでした。
その中でスープラだけはテスト走行が記事になったり、スペックが発表されたり、
割と現実味があり、特にスープラファンでもないとはいえ気になっていたニュースである。

スペックは?

注目の直6エンジンは3.0Lで最高出力340PS。ツインスクロールターボ搭載。
ツインスクロールターボは紛らわしいがツインターボではないため、
往年のツインターボ直6エンジンというわけにはいかなかったようである。
ただしトルクは500N・m(51kgf・m)とかなり強力。
シングルターボとはいえ、先代のA80スープラ(46kgf・m)より強力であり、
数値は5.0Lのセンチュリー(52kgf)並みである。
(センチュリーと比べるのはどうかと思うが)
重量は1520kg~1410kgということでA80スープラとほとんど変わらない。

グレード名がRZ/SZ-R/SZというのはいかにもスープラらしく、
デザインもわりとA80スープラ感が残っている。

実際の性能として、0-100km/h加速は4.3秒と公表されている。
これは相当速いが、新型NSXやGT-RNismoが3.0秒と発表している時代なので、
群を抜いて速いわけではない。

そもそもA80スープラはGTカーだったので、スカイラインGT-Rから発展しているGT-Rと比べるよりかは、
フェアレディZと比較するほうが相応しいように思う。
フェアレディZがNismo版でも5.0秒をやや超えるようなので4.3秒はやはり優秀である。
(Zはターボじゃないけども)

あとはスープラといえば戦闘機、コックピット的な運転席だという人もいるが、
今回のA90スープラに関しては特徴的なコックピットでは無かったことは残念である。

 

86と比べて

発表前から気にされていた点については

  • MTは設定されるのか? →オートマ(8AT)のみ
  • 2シーターしかないのか →どのグレードも定員数は2人だけ

ということで前情報の通りの様子。
それらの要件を満たす、運転を楽しむ車としては86を用意していますというのがトヨタの考えなのでしょう。

値段もアメリカで約5万ドルから、ということで、
86よりは明らかに高くなる模様。

新型スープラの一番下位グレードでは2.0L直4エンジン197馬力ということで、
2.0Lで公称200馬力の86並みのスペックだが、それでもターボが付いているので0-100加速は6.5秒だそうである。
86が7秒超えということなので、最下位グレードでも86よりは速そう。
しかし伝統の直6じゃないスープラにするなら、わざわざスープラにする意味が無さそうである。
86もそれなりに高いとはいえ、一応は若者向けを謳っていたことを踏まえると、
このスープラは明らかにそれ以上の年齢層を狙っていると思われる。
なかなか一般の車好きが新車で買える車には成らなさそうだ。

とはいえ、90年代の国産スポーツカー全盛期から姿を消していたスポーツカーが復活することは、
姿かたち、スペックが変わろうがやはり嬉しい。
お金持ちが買って綺麗に乗って中古車市場へ流してくれれば車人気も復活していくかも?と思います。

-雑記・小ネタ
-,

Copyright© クルマニアックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.