雑記・小ネタ

GTromanを求めて

「GTroman」という漫画をご存知ですか?

静岡県沼津市のカフェバー「roman」に集う、

旧車名車に乗ったエンスー(カー・エンスージアスト)の姿を描いた1986年の漫画です。

この、エンスージアスト(enthusiast)とは、

ギリシャ語の「enthousiasmos」を語源とする言葉で、もともとは熱狂的な支持者というような意味を持つそうですが、(wikipedia

熱狂的な車やバイク好きといった意味で使われている場面が殆どです。

といっても、流行ったのは80年代であり、あんまり最近では聞きませんね。

参考


エンスーという言葉が流行り始めた経緯はこちらのページで詳しく紹介されてました。

MOBY-【懐古】エンスーの意味や語源とは?まさにエンスーな車TOP10も! https://car-moby.jp/173073

GTroman


(GTroman 2巻)

漫画のカフェromanは峠の途中にあるのか、近くが峠なのか、

集まったエンス―たちが何かのキッカケで走りに行ったり、

走って戻って来て車話に話を咲かせるわけです。

GTromanは国産車があまり登場せず、海外の旧車名車が中心なので、

私は正直よくわからないところも多いのですが、

それぞれのオーナーが車に強いこだわりを持っていて、

漫画中の随所にそのメカの話が紹介されていてとても面白い。

(中にはちょっと間違えているところもあるようですが)

飲酒運転に対する安全意識が高まった今では、バーに車で行って走るというのは非現実的ではありますが、

そんな車好きの集合場所のようなスポットがあれば楽しいだろうな、

と思いながら色々ネットで情報を見ていると、

車好きのためのカフェというのは全国的にチラホラあるようです。

私の居住地域が関西なので、近場で見ていたら

京都(ほぼ奈良の県境のようですが)に「CAFE SEVEN カフェセブン」というお店がありました。

CAFE SEVEN カフェセブン

人目を引く車が並んでいてなかなか壮観ですね。

実際の雰囲気は下の動画の終わりの方がわかりやすいように思います。

ただ、臨場感がありすぎるカメラがちょっと酔いそうなので注意された方が良いかもしれません。

 

いやー私はまだ行ったことありませんが、

これだけ車が集まっているとエンス―レベルも相当でしょうから、

自分もエンス―として行くなら、生半可な気持ちではいけませんね!笑

前に信貴生駒フラワーロードの話で少し触れましたが、

奈良には「奈良ニュル」があるので、ドライブにも最適で、

そのへんもGTroman感があってとても良さそう。

奈良の信貴フラワーロードは信貴生駒スカイラインに勝てるか?

関西在住で車・ドライブ好きであれば、信貴生駒スカイラインの事は聞いたことがあるに違いない。 そうでなくとも夜景スポットとして有名なドライブデート定番コースである。   けど、費用が結構高い。 ...

 

以上、行ったことも無いのに勝手ながらご紹介させていただきました。

 

エンスージア(PS2)

 

ところで、エンスーといえば、エンスージアというPS2ゲームがありました。

シビアな操作がマニア向けでグランツーリスモみたいには売れなかったようです。

たしかに挙動の再現度はすごそう?

プレイ動画

私も当時ではなく、かなり後でやったことがありますが、

車入手は運ゲー的な仕様で、自分の好きな車がなかなか手に入らずにあまり長くプレイしませんでした・・・

 

 

-雑記・小ネタ
-, ,

Copyright© クルマニアックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.